横浜スパークリングトワイライト2019花火大会の詳細と穴場スポットは?

こんにちは。えみきちです。

横浜の山下公園とその周辺では毎年恒例!横浜スパークリングトワイライト2019年が開催予定となってます。

今年でなんと7回目の開催!

ステージやパレード、海難救助のデモンストレーションなどの横浜の海や港を中心としたイベントやグルメなど満載なイベントとなってます。

特に横浜港であげられる花火はとっても迫力があるのでオススメ!

このページでは横浜スパークリングトワイライト花火大会2019の詳細や穴場スポットなどについてご紹介します。

スポンサーリンク

横浜スパークリングトワイライト花火大会2019年の詳細

開催日時

2019年7月13日(土)~7月14日(日)

花火大会時間:19時30分~20時(イベントは11時30分~20時15分)

荒天時は中止

打ち上げ数

約3000発

会場

山下公園その他周辺と公園前会場

元町・山手・中華街・山下公園

駐車場なし

公衆トイレあり

交通アクセス

みなとみらい線「元町・中華街駅」より徒歩3分

みなとみらい線「日本大通り駅」より徒歩5分

横浜市営地下鉄ブルーライン・JR根岸線「関内駅」より徒歩20分

JR根岸線「石川町駅」より徒歩15分

料金

入場料無料

問い合わせ先・公式HP

公式HPはコチラ→クリック

TEL:045-681-2353

(実行委員会運営事務局)

スケジュール(内容)

  • スパークリング花火大会【両日とも19時30分~20時】
  • 海難レスキューデモ【両日とも13時~13時40分】
  • シップパレード【両日とも14時~15時30分】
  • スパークリングステージライブ【両日とも15時~19時】
  • トワイライトジュエリーポート【両日とも18時50分~19時30分、20時~20時15分】
  • シーサイドレストランバー【両日とも11時30分~20時30分】
  • PRファミリーコーナー【両日とも11時30分~17時】
  • スパークリングパレード【15日のみ14時~16時】

殆どのスケジュールが2日に渡り開催予定です。

スパークリングパレードは15日のみの開催となってますのでパレード目的の方は要チェックです。

シーサイドレストラン&バーはアジアの食をテーマとしたものや横浜の老舗グルメが出店されます。イベントならではのグルメも味わってみてください。

ただし人が多くて、お昼時など時間帯によっては行列にもなります。並ぶのにうんざりなんてこともあるので時間をずらしてみるのも時間の節約になります。

あとグルメ目当てでなければ、何か手持ちで食べ物を持っていったり近くの中華街やレストランなどで食事をするのもお勧めですよ。

見どころ

横浜スパークリングトワイライトの花火大会は3000発とけっして多くはないのですが海上にあがった花火はかなり見ごたえもあり、間近で見る事が出来るので迫力があります。

海の近くなので夜風に当たりながら見るのも更にテンションアップ間違いなしです。

instagramより引用

交通規制

【交通規制実施】

2019年7月15日(日)13時30分頃~16時頃

※状況によっては延長する可能性あり

※規制場所は山下公園通り

詳しくは公式HPへ→交通規制のお知らせ

海上規制のお知らせもあります。

混雑状況と穴場スポットは?

穴場はどこ?

スパークリングトワイライトは2日間の開催なので若干人の出入りは分散されるとはいえ、やはり人気のイベントなので混雑は避けられません。

そんな中でもなるべく少ない人の中で花火を見たいですよね。

全く人がいないというのは厳しいですが、比較的混雑を避けられる穴場スポットやこの場所で見るのはオススメだよって場所をご紹介します。

シーサイドレストラン&バー

シーサイドレストラン&バーは山下公園内にあります。イベント会場でもあるので食事やお酒を楽しみながら目の前で見る花火は最高!

ただし見る位置によっては木があって見えない場所があります。

場所選びをしっかりされる事をお勧めします。

山下埠頭

同じく山下公園の中の山下埠頭は三脚が使えるのがポイント!

打ち上げ場所から視界を遮るものがないのもあって写真を撮りたい人には特に人気となってますので早めの場所確保を!

赤レンガ倉庫周辺

カフェやレストランもあるので休憩も出来るし敷地も広いのでおすすめ!

臨港パーク

打ち上げ場所からはちょっと離れちゃいますが芝生広場もありレジャーシートを敷いてゆったり見れます。

広いから混雑が嫌いな人向けです。

港の見える丘公園

展望台もあって視界を遮るものがなし。雰囲気もいいのでカップル向けかな?と思いますが狙ってる人が多い穴場スポットでもあるので早めの場所確保を!

花火鑑賞クルーズ

ちょっとお金に余裕がある場合などはクルーズもオススメ!

ゆったりと情緒を感じながら花火を楽しむ事が出来ます。

私ならこの6000円くらいのコースとか使いたいなって思います→クリック

他にもあるので横浜クルーズで検索してみてくださいね!

帰りの混雑は?回避するには?

数十万人の人が一斉に帰宅するので当然混雑してます。

特に桜木町駅や関内駅など近場の駅はかなり混雑するので、京浜急行の日ノ出町駅は多少歩きますがその他の駅よりは混雑が回避されます。

スポンサーリンク



まとめ

花火大会が次々と開催予定ですが、この横浜スパークリングトワイライトは花火だけでなく沢山のイベントも用意されているので両日ともに大勢の観光客や地元の方などが訪れ、大賑わいとなります。

海を見ながら味わうグルメや、夏の横浜の海の風に当たりながら見る海上の花火は思い出深いものになる事間違いなしです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする