横浜山手で洋館巡り!エリスマン邸に行ってきました!見どころをご紹介!

こんにちは。えみきちです。

横浜の山手にある洋館のひとつ、エリスマン邸に行ってきました。

以前エリスマン邸にあった「しょうゆきゃふぇ」というカフェの生プリンが有名で食べてみたかったのですが、現在「しょうゆきゃふぇ」は元町に移転した為、今回は食べる事が出来ませんでした。無念。

その代わり、しっかりと西洋館のほうは楽しんできました♪

この記事では私が実際訪れてみたエリスマン邸宅の詳細を写真と一緒にご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

エリスマン邸とは

エリスマン邸は生糸貿易商社で活躍したスイス生まれのフリッツ・エリスマン氏の邸宅でした。

1925年から1926年にかけて山手町127番地に建築され、設計は日本の建築界に大きな影響を与えた「近代建築の父」と言われたアントニン・レーモンドです。

当時は木造の2階建て、和館つきで煙突や屋根窓、洋館らしい上げ下げ窓もあります。

1990年に元町公園内(現在地)に移築復元となりました。

暖炉のある応接室やお庭を眺める事ができるサンームなどもある素敵な邸宅で、椅子やテーブルなどの家具についてはアントニン・レーモンド設計のものとなっています。

昔あった厨房部分はカフェとなっていました。そのカフェが現在閉店してしまった「エリスマン邸しょうゆきゃふぇ」です。

2019年4月より元町に「しょうゆきゃふぇ元町店」としてリニューアルオープンしてますので生プリンファンの方!元町にレッツゴーです!

しょうゆきゃふぇ元町詳細

現住所:横浜市中区元町1-30藤田ビル2F

エリスマン邸の外観

エリスマン邸宅の入り口。

中庭にはテーブルとイスが置かれていて、いかにも洋館のお庭といった感じ。

地面には所々に緑が生えていてこれたまたお洒落なんです。

外観は白と緑の爽やかな可愛らしい建物!上げ下げ窓もありますね!これぞ洋館!

一見、ハウス名作劇場に出てきそうな洋館

昔のアニメってちゃんと再現がされてたんですね!今こうやって洋館を見るとアニメに出てきた建物を思い出してしまうんですものっ♪

エリスマン邸のイベント案内。この山手の洋館では色々なイベントが開催されているので、前もってチェックしてから足を運ぶのもいいと思います。

エリスマン邸宅の室内は?

▼室内に入る際はスリッパ使用となります。

なんと!公衆電話!私もさすがにこの電話が使われていた時代には生きていなかったので感動です!シモシモ~っと、ちょっとふざけちゃいたくなりますよね!

こちらは応接室。この応接室からサンルームや食堂もつながっています。

この建物は全室スチーム暖房でしたが、この部屋だけは暖炉が設けられてました。

全面の窓から差し込む光と緑(南庭テラス)がまぶしい素敵なサンルームです。

足置きもあって、むくみ防止にも有難い1品!(笑)ここで足を置きながら本でも読んでウトウトしたら最高でしょうね~。(すでに妄想の世界)

そしてお昼寝タイムが終わったらすぐに食堂に行ってご飯が食べれるルート。これまた最高ですね(*´▽`*)w

食堂は家族団らんできそうな雰囲気、そして素敵なお花も飾られていました。

2階へ続く階段です。

2階には浴室がありました。通常の洋館の浴室にはバスタブの他に便器が設置されているのですがこの建物には便器の代わりにシャワーがあります。

バスタブは意外と質素な感じです。

もともと寝室だったお部屋を資料室として使用されています。

横浜山手の時代の移り変わりといった資料などが展示されているので、見応えがあります。

山手に現在ある西洋館一覧の写真も。

そして館内にはお土産品や可愛いグッズコーナーもあります。

館内は結構広くてお部屋も素敵でした。特に窓から見る緑がとても綺麗で西洋館に来たワクワク感だけでなく心癒される空間です♪

スポンサーリンク

エリスマン邸の詳細

住所 横浜市中区元町町1-77-4
電話 045-211-1101
開館・閉館時間 9時30分~17時(7月、8月は18時まで)
休館日 第2水曜日(祝日の場合はその翌日)年末年始(12月29日~
交通アクセス

みなとみらい線「元町中華街駅」徒歩10分

JR京浜東北・根岸線「石川町駅」徒歩15分、「桜木町駅」より神奈中バス11系統「元町公園前」下車徒歩1分

※少し歩いてしまうので、辛い方はバスで!

まとめ

いかがでしたでしょうか?元町公園の中にある洋館、エリスマン邸。

そんなに豪華なイメージはありませんが、白壁に緑の窓枠がとても印象的で可愛いらしいけどレトロさも感じられる邸宅でした。

有名どころのカフェ「しょうゆきゃふぇ」が移転した為、今回人気のプリンを頂く事が出来なかったのは残念でしたが、この洋館を見に来るだけでも十分満足できる事間違いなしです。

是非、横浜山手の洋館巡りをする際はこちらのエリスマン邸に足を運んでみてください。

この他にも、山手234番館とベーリックホールが近辺にあるので一緒にまわると良いと思います。別記事でご紹介してますのでご参考までに♪

横浜山手の西洋館、ベーリックホールに行ってきました。この洋館は横浜の西洋館の中でも最大規模となり、見応え抜群となります。近隣には山手234番館とエリスマン邸もあるので洋館巡りのコースにするといいでしょう。私が実際行ってきた様子を写真と一緒にご紹介します。
横浜の山手西洋館巡りに行ってきました。山手234番館はこの西洋館の中でも珍しい、外国人の共同住宅(アパートメント)です。この時代の共同生活がどんな感じだったのか想像がつく西洋館となってます。実際行ってきた感想や詳細を写真と一緒にご紹介したいと思います。

それと少々離れてしまいますが外交官の家、そして私のお気に入りの洋館。ブラフ18館にも足を運んでみてください♪

横浜の山手にある西洋館のひとつ、ブラフ18番館に行ってきました。とても可愛い洋館の見どころや、歴史についてもご紹介します。
横浜の山手にはいくつかの西洋館が存在してます。そのうちの一つ。外交官の家は内田定槌の邸宅で、のだめカンタービレのモデルにもなった建築物です。実際足を運んでみた感想やお写真と一緒にご紹介いたします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする