横浜山手西洋館めぐり!のだめカンタービレのモデル、外交官の家に行ってきました。

こんにちは。えみきちです。

横浜の人気スポットである山手には昔から外交に使われていた西洋館がいくつか残ってます。

そのうちのひとつ、山手イタリア山庭園には外交官の家とブラフ18番館があります。

今回、両方の洋館に行ってみましたが実際足を運んでみると、とっても素敵な邸宅でした。

このページでは、その外交官の家をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

外交官の家

内田定槌とは

外交官の家は明治43年に建てられた内田定槌の邸宅。

内田定槌とは明治・大正・昭和の3つの時代を生きた方でニューヨーク総領事やトルコの特命全権大使などを務めた政府外交官です。

現在、放送されている大河ドラマ「いだてん」に内田定槌が登場します。

内田定槌はストックホルムオリンピックで日本の選手団、金栗や三島を公使としてサポートされたそうで、その背景がドラマで描かれているようです。

内田さん役を演じる井上肇(いのうえはじめ)さん。どんな風に活躍するのか観てみたいところですが、いだてん放送時間はだいたい家を空けてるので視聴断念してます。

実際ドラマを観られた方は是非この外交官の家に足を運んでみるといいかもしれませんね(*^^)

外交官の家の建物

外交官の家は木造の一軒家。塔屋がついていて、アメリカン・ヴィクトリアン様式の影響を受けた建築物となっています。

この建物はアメリカ人の建築家、ジェームズ・ガーディナーの設計によって東京の渋谷区に建てられますが1997年に内田定槌の孫、宮入氏からからこの館の寄付を受け、山手イタリア山庭園に移築復元され一般公開となりました。そして同年、国の重要文化財となりました

家具や調度類あり、当時の外交官の暮らしがどんな感じだったのかをイメージできます。

この外交官の家は無料で見学が出来るので、横浜の散策時などに是非足を運んでみてください♪

外交官の家の外観・内装は?

外観・庭園

外観は異国情緒を思わせますね。庭園にあるテーブルと椅子を見てると韓国ドラマに出てくる財閥の家のお庭によくありがちな感じだわ~と、妄想を膨らませながらうっとり(*’ω’*)

高台なので横浜の街を望む事が出来ます。庭園には素敵なお花が色とりどりに咲いてます。

私が訪れたのがちょうどバラの季節でした。ピンクのバラが本当に可愛らしくてバラ鑑賞だけでも十分楽しめそうと思うほどです。

洋館にはやっぱりバラがとても似合いますね。

のだめカンタービレに出てきた邸宅

そして、この外交官の家は漫画のだめカンタービレで千秋さまが育った家のモデルとして使われています。

のだめカンタービレはドラマしか観たこと無いのですがドラマは本当に大好きでした!大笑いした記憶が鮮明に思い出されますが、、、千秋さま。こんな素敵な洋館で育ったなんてさすがです。王子様みたい( ´∀`)

内装などお部屋を見てまわります。

まず食堂です!

まさにアメリカ映画に出てきそうな縦長のテーブルですね。このロウソクがまた雰囲気出してました。

大客間です。賓客を通す応接間となってます。

晩さん会の際に食後のお茶の場として使われていたり、家族との食後の憩いの場として使われていたそうです。

玄関です。横のステンドグラスが何とも素敵すぎますよね。やはりお客様をお迎えする時の大事な印象を与える玄関先はお洒落にされてるようですよね(*’ω’*)私も見習わないとです。(殺風景なんですよね~。ウチ)

2階は内田家の居住スペースとなってます。

洋館らしく階段に大きな窓とカーテンが!これがまたとっても素敵でした~。カーテンの色合いがこの外交官の家の全体的な色合いと合っていてお洒落です。

寝室から続くサンルーム(小部屋)です。内田定槌さんの奥様、陽子さんが愛用していたプライベートルームです。

こちらは、のだめカンタービレでも使われてます。

浴室です。白が基調となった浴槽で、現代でもこんな素敵なお風呂に入ったらうっとりしてしまいそうですね。絶対わたしの家には置かないであろう観葉植物も置かれています(*’▽’)

ベッドルームは意外と質素な感じというか、おちついた雰囲気のイメージです。意外とベッドの幅が狭いです。寝相悪いと落ちちゃうんじゃないかと心配になりそう。。。

歴史についての展示物もあります。

どのお部屋も落ち着いた雰囲気でしたけど、のだめカンタービレのモデルにもなったという事で見応えがあると思います。

喫茶室でケーキセットいただきました。

この日は時間があったのでブラフガーデンカフェに入ってまったりとお茶しました。

メニューは外交官という私の勝手なイメージで、チョコレートケーキにしちゃいました♪

このゆったりした素敵な景色を見ながら頂くケーキとアイスコーヒーは最高で、自分に酔いしれるのにもピッタリ!(*’ω’*)

横浜の街を見ながら紅茶なんて飲んだらこれまた最高でしょうね!

ブラフガーデンカフェのメニューです。

私は本日のケーキセットにしました。他にもシチューやカレーなど食事も出来るので小腹が空いた時にも良さそうですね。

スポンサーリンク

外交官の家の詳細

住所 横浜市中区山手町16
交通アクセス JR石川町駅、元町口から徒歩5分
バス:JR桜木町駅から神奈川中央交通バス11系統で「イタリア山庭園前」下車徒歩1分
電話 045-662-8819
観覧時間 9時30分~17時(7月と8月は18時)
観覧料 無料
定休日 毎月第四水曜日(休日の場合は翌日)年末年始

スポンサーリンク

まとめ

今回外交官の家に行って内田定槌という外交官にも興味がわき、外交官の暮らしぶりを想像して楽しむ事ができました。

そして山手イタリア山庭園には外交官の家の他にもうひとつ、ブラフ18番館があります。

この外交官の家に行くならすぐ隣にありますのでセットで行くことをおすすめします。ブラフ18番館は西洋館の中でも特に可愛いので私の一番のお気に入りです。

横浜の山手にある西洋館のひとつ、ブラフ18番館に行ってきました。とても可愛い洋館の見どころや、歴史についてもご紹介します。

それと少々離れてしまいますが山手234番館、エリスマン邸、ベーリックホールも見所ある西洋館があります。是非足を運んでみてください♪

横浜の山手西洋館巡りに行ってきました。山手234番館はこの西洋館の中でも珍しい、外国人の共同住宅(アパートメント)です。この時代の共同生活がどんな感じだったのか想像がつく西洋館となってます。実際行ってきた感想や詳細を写真と一緒にご紹介したいと思います。
横浜の山手にはいくつかの西洋館があります。山手散策にはこの洋館巡りが大人気!先日エリスマン邸に行ってきた時の詳細を写真と一緒にご紹介したいと思います!気持ちの良い散歩が出来る事間違いなし!
横浜山手の西洋館、ベーリックホールに行ってきました。この洋館は横浜の西洋館の中でも最大規模となり、見応え抜群となります。近隣には山手234番館とエリスマン邸もあるので洋館巡りのコースにするといいでしょう。私が実際行ってきた様子を写真と一緒にご紹介します。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする