日比谷公園の紅葉2019の見頃や混雑は?首かけイチョウの紅葉も見事です!

こんにちは。えみきちです。

東京都の千代田区にある日比谷公園はビジネス街にあるとは思えないほど見事な紅葉を楽しむ事ができる公園です。

私も会社から徒歩圏内にあるため、日比谷公園には時々足を運びますが紅葉の季節は情緒も感じる事ができて心が洗われる空間となっています。

この記事では日比谷公園の紅葉の見頃時期などをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

日比谷公園の紅葉の見頃は?

日比谷公園の紅葉の見頃

色づき始め:11月初旬

見頃:11月下旬~12月上旬

紅葉の見頃は夏の気候などにも影響されるので行かれる際は前もって東京都公園協会の公式HPの公式Twitter「都立日比谷公園の園長の採れたて情報(twitter)」で更新されるので確認してから行かれてみてください。

紅葉は晴れの日が続き日当たりが良く、最低気温8℃以下になると色づき始めます。毎日気温を確認してみて、寒くなってきたぞ!と思った時が紅葉の見頃かもしれませんのでチェックしてみてください♪

私が日比谷公園に足を運んだのが、11月半ば過ぎでかなり紅葉を楽しむ事ができる頃でしたが、まだ全体が色づいてはいなかったので完全な見頃を観賞したい方は時期を見極めてみてくださいね

日比谷公園の紅葉は?

日比谷公園は明治36年開園と、歴史の古い公園です。

桜を始め、四季折々の木花を楽しむ事ができ、勿論紅葉も欠かせません。

見どころはやはり雲形池の周りの紅葉!

都市公園の噴水として日本で3番目に古いとされる鶴の噴水のある池です

水面に映る紅葉があまりにも素敵で思わず足が止まってしまう場所です。

周辺にはベンチも置いてあるので、ひと息つくのにも適しています(*^-^*)

園内にはイチョウの巨木である首かけイチョウが生育されていて、なんと樹齢400年以上と言われていて、樹高20m、幹回り約6.5mと本当に巨大。

1901年には日比谷通りの拡幅工事に伴い伐採されようとしたところ、日比谷公園の設計者である本多静六氏が「私の首をかけても移植する」と主張して、このイチョウの木を救ったといわれている事から、「首かけイチョウ」と呼ばれるようになったそうです。

実際目の前にしてみると、それは見事なイチョウの木です!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Yuta Uesatoさん(@youtouchme)がシェアした投稿

首かけイチョウと隣接している老舗レストラン「松本楼」は過激派組織が投げた火炎瓶で全焼しました。その時イチョウの木も黒焦げになったのですが翌年の春には新芽を吹き蘇ったそうです。

危機にあいながらも蘇る生命力の強さには感動しますね。

100年以上の歴史をもつ松本楼は、現在も人気のレストランですので紅葉を観賞しがてら食事やカフェで立ち寄るのもオススメします♪

◆日比谷松本楼

東京都千代田区日比谷公園1-2

℡:03-3503-1451

営業時間:1階(洋食)11時~21時、ランチ11時~15時/3階(仏蘭西料理)11時~22時

定休日:年中無休

日比谷公園の紅葉の混雑状況は?

紅葉は桜よりも比較的長い期間観賞できる事ができるためか、日比谷公園もゆったり観賞する事ができますので、焦らず時間にも余裕を持ってお出かけしても良いかと思われます。

スポンサーリンク

日比谷公園の交通アクセスや入園料は?

所在地 東京都千代田区日比谷公園
℡(サービスセンター) 03-3501-6428
交通アクセス

東京メトロ丸の内線・千代田線「霞が関駅」Ⅽ1出口から徒歩2分

東京メトロ日比谷線・千代田線「日比谷駅」A14出口からすぐ

都営三田線「日比谷駅」A10出口からすぐ

JR線「有楽町駅」徒歩8分

開園時間 常時開園
閉園日 なし
入園料 無料
駐車場 地下公共駐車場(有料)
車いす貸し出し サービスセンターにて無料で貸し出し有

日比谷公園周辺のお散歩もおすすめで、私はこの日は日比谷公園を出て皇居周辺を散歩したのですが、この付近でも紅葉を見る事ができました。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ビジネス街の憩いの場となっている日比谷公園ですが、紅葉の季節も見どころ満載となっています。

特にS字型園路のイチョウ並木や、首かけイチョウ、雲形池の水面に映る紅葉は心が洗われますので東京で秋の紅葉を見たい方は一度日比谷公園に足を運んでみませんか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする