韓国旅行で気をつけたい注意点!実体験を入れてご紹介します!

こんにちは。えみきちです。

昔わたしは韓国が大好きでして、おそらく50回弱くらいは旅行で行ったかな?と思います。

そんな私が韓国旅行に行って気づいた注意点や、旅行に持っていった方がいい物など、時々実体験を入れながらご紹介します。

まだ韓国旅行に行った事ないけど今度行きます~といった方はご参考にして頂けたら嬉しいです。

スポンサーリンク

お水は注意

韓国では水道水は飲まない

私が10年ちょっと前に初めて韓国を訪れた時にガイドさんに水道水は飲まないようにと言われました。韓国のお水は硬水で基本的に韓国の人も水道水を飲む概念は無いそうです。

ホテルなど安全そうなところでも出来るだけペットボトルのお水を飲みましょう。

出先で食事する時などはウォーターサーバーが設置されているところも多いので大いに利用してくださいね。

お風呂のお水。髪の毛の質も変わりやすい

洗顔や歯磨きなどは基本はOKですけど、髪の毛を洗うと結構パサつきを感じることがあるかもしれません。

韓国の留学した友達は完全に髪の質が変わったと嘆いていました。2泊くらいなら問題ないとは思いますけど長期で韓国に旅行を考えてる方は悩ましいところですね。

友達は韓国に行くとなるべくお水を使わないようにクレンジングなども拭き取りだけですべて完了するものを使っています。(顔も荒れるそうで)

そう思うと韓国の女子たちは髪の毛サラサラ、顔もつるつるしていて凄いですね~。

ケアをしっかりされてるのかしら。それとも生まれ育った環境が元々だと違うのか?

トイレ問題!(これが私の一番の重要課題)

トイレの紙は便器に流さないよー注意!

日本のトイレは本当に綺麗なので海外のトイレに行くとガーンとなる人も多いですよね。

韓国のトイレはトイレットペーパーを流しません。

下水のインフラの整備がまだ不十分でペーパーを流すほどの水圧が弱いんです。

韓国のトイレに行くと必ず大きなバケツがあるのでそこにペーパーを捨ててくださいね!

韓国のトイレは流れにくくて恐ろしい目に何度もあった私

韓国旅行には50回弱行った私ですが、4~5回流れなかった事に遭遇しました!

かなりの高確率だと思いませんか?!

小さい方ならまだいいんですけど、私の場合ドカっと大きいのを出した事もあって・・・

明洞のお粥屋さんでの出来事ですが、座ってまさに出してる時見ちゃったんです。「流れにくいから気を付けて」という張り紙(*´Д`)

もちろんドカっと出してしまったおかげで流れずに、そばにあったバケツ(救世主)に水を入れて手作業で流したことも・・( ノД`)

ある時はイベントで大きな会場に行った時のこと。時間がないから男子トイレに行って!とガイドさんに言われて男子トイレで用をたしてたら、途中で韓国の軍隊の服を着たかっこいい男の子達が入ってきちゃったんです。出たくないけど出なくては!そう思った時!またトイレの水が流れない!!!どうしよう~て泣きそうになった事もありました。(顔隠して出ましたが)

韓国ではホテルやデパートのトイレは比較的綺麗でトイレのお水も流れやすいので安心して行っていいですが、おしゃれなカフェだから大丈夫だろうと思ってもトイレはヤバイ!て事が多々ありますので要注意!

あと紙が置いてないところもあるのでペーパーは必ず持参してくださいね!

トイレに入るのに暗証番号必要なところ

韓国ではトイレの中に入るまでも慌てることがあります。

例えばビルなどのトイレでは暗証番号を入れないとトイレに入れない所が多々あります。

そういったトイレはお店の方に暗証番号を教えてもらったり、お店のレジの所に暗証番号が貼ってあったりしますので都度確認してください。

タクシーの注意点

ぼったくりには気を付けよう

韓国に限ってでは無いけれどタクシーのぼったくりには気を付けましょうね!

友達とピーチク喋っていたら遠回りされたなんて事は日常茶飯事ですし、空港やソウル駅など大きい駅でよく声かけられると思いますが、「~まで6万ウォン」。そういったセリフを持ちかけられたら完全にぼったくりですよね。

お金持ってるし面倒だからいいや~って思う人もいるかもしれませんが、なるべく乗らないようにしましょう。

韓国のタクシーは手動

日本のタクシーは自動で扉が開きますが韓国のタクシーは手動です。

タクシーを止めた後なんで開けてくれないんだろう・・・?なんて思ってずっと待ってたら呆れられちゃいますよ~。(笑)

韓国語が出来ない人はなるべく紙や地図を見せる

韓国では「シンチョン」という土地が2か所あって一般的によく観光客の方が行かれるのは「新村(シンチョン)」という学生街です。もう一つは「新川(シンチョン)」。

韓国語が出来ない方は間違いなく勘違いされてしまうほど似てる発音なのです。

今はこの新川駅が紛らわしいという事になり蚕室セネ駅という駅名に変わって間違えられる事も少なくなりましたけど、やはり日本人が発音する韓国語は韓国人には聞き取りづらいです(日本で逆の立場でもそうですよね)

なので、出来るだけ前もって紙に書いたり地図を運転手さんに渡して目的地に行ってもらいましょう!

運転が荒い

基本韓国の運転はとても荒いです。

スピードが速いのに運転中に電話で会話したりとか平気でします。

タクシーに限らず街を走ってるバスでさえ私は死ぬんじゃないかと思った事もありました。(笑)

不安な時はシートベルト、もっと不安な人はなるべく電車がおすすめ!

足元も気を付けよう

なるべく歩きやすい靴で!

韓国の道は舗装されてなかったり突然の坂道、凸凹した道のせいで足をくじいたりつまづいてしまう事があります。(わたしもくじいた経験あり)

韓国女子は慣れているのですごーく高いヒールを履いて颯爽と歩いてますけど慣れてない日本人は結構痛い目にあってしまうことも。

なるべく自分が歩きやすい靴を持っていきましょう!

韓国女子はストッキングをはかない

今まで見てきた韓国女子は冬のタイツは別として肌色のストッキングをほとんど履かないです。仕事をしてるOLさんを見ても皆さん生足にヒール!

韓国で日本の感覚でストッキングを履いてると何やら自分がオバサンになった気分に。(おばさんだけど)

ちょっとストッキング恥ずかしくなっちゃうかもなって思う方は韓国女子と同化するためにも生足に挑戦か、無難なパンツルックがおすすめ!

そんなん関係ないわ!私はストッキング履くわよ!

でも勿論大丈夫!そんなに韓国の人は気にしていません。(笑)

スポンサーリンク

韓国ホテルの注意点

安いホテルは口コミなど見てなるべく調べて行く

韓国で泊るホテルは結構厳選しませんか?

私も色んなホテルに泊まりました!ちょっと高級なところ、ラブホテルなのか何なのか分からないホテルなど。(笑)

ただ気を付けたいところは以前泊った超~~安いホテルでダニに刺されまくったんです(T_T)その数ったら腕に数十か所。気が狂うかと・・・

安いホテルにする時はなるべく口コミをしっかり確認して決めることをお勧めします。

有名で綺麗なホテルではそういう事は無かったですよ!

韓国のホテルで置いて無い物は持っていく!

韓国のホテルでは寝間着や歯ブラシは置いてません。歯ブラシは有料だったりします。

高級ホテルは置いてあるところが多いですけど、念のため必ず事前にチェックして必要であれば日本から持ち込みましょう。

韓国ではバスタオルが無い事が。

韓国のホテルでは最初からバスタオルが置いてないところが多いです。

タオルだけで事足りる方はいいですけど、バスタオルが欲しい人はフロントに言って貰っておきましょうね。まずはホテルにチェックインしたらタオルチェックです!

アメニティ関係

歯磨きセットはありませんがシャンプーやリンスといった石鹸類などは殆どのホテルについてました。意外と使ってみたらシャンプーなどサラサラになるものもあって個人的には気に入って使ってましたけど、韓国の化粧品などは結構香りが強いものが多いのでシャンプーなど気になる方は日本から持ち込みしたほうがいいかもしれません。

あとボディ用のタオルなどは殆ど置いてませんでしたのでこれは勿論持ち込みで!

韓国旅行に持っていくもの

エコバッグ

韓国ではコンビニやスーパーなどで買い物した時レジ袋はついてきません。

たまについてくるコンビニもありますけど、基本無いと思ってくださいね。

ロッテマートなどスーパーでは有料になっていて、買い物すると紙袋に入れてくれたりしますがこの紙袋が私は大嫌いで・・(スーパーによります)

なのでコンビニで手軽に買い物した時用の折り畳みできるエコバッグ、スーパーで沢山買い物する時用の大きめのエコバッグを持っていきます。

エコバッグを忘れた韓国旅行は憂鬱で仕方ないくらいゲンナリします。

皆さんもなるべく持っていくことをおすすめします!

変圧器・変換プラグ

韓国の電圧は220Vが主流で、日本の電圧は100Vです。

日本の電化製品は100~240Vの全世界対応のものと100Vのものがあるので渡韓する前に必ず使う電化製品の説明書を確認しておいてください。

あと韓国でのコンセントの形状は3種類あって日本と同じものもありますが、基本残りの2種類と思ってください。

この2種類のコンセントの形状の時は変換機が必要となります。

この変換機は日本でも安く購入できますし、韓国のホテルでも貸し出しされてます。

全世界対応(100~240V)の電化製品であればこの変換機だけで使用が可能となります。

もし日本の電圧(100V)のものを使用する際は変圧器が別途必要です。

特に注意が必要なものがドライヤーです。ドライヤーを使える容量のある変圧器はお値段が高いですし大きくて重かったんです。旅行でもっていくのにはおすすめしません。

出来ればドライヤーは韓国のホテルに置いてあるものか、現地で韓国のドライヤーを購入してください。

友達は日本から持っていったドライヤーを使ったとき一瞬で壊れてしまいました。

韓国は寒暖差があるので羽織るものなど持っていこう

季節によりますが朝と夜とでの寒暖差が結構あります。

真冬などになると異常な寒さなので当然防寒対策はしっかりとされて、微妙な季節には羽織る物を持っていったほうが無難かもしれません。

私は夏などは冷房も辛いのでカーディガンを必ずカバンに忍ばせてます。

韓国は都会なので急に必要なものがあれば何でもすぐ購入できますけど大事な旅行。1分でも大切にしたい時ありますよね。

そんな時、無駄な時間はなるべく避けたいものです。

前もって準備はしっかりと!

電車内での気を付けること

お年寄りに席を譲りましょう

韓国では年上を敬う文化です。

電車にもし乗った際にお年寄りの方がいたら必ず席を譲ってあげてくださいね。

私も電車はかなり乗っていますが、お年寄りが乗ってくると100%といっていいくらい若者は席を譲ってるのを見かけました。

物売りがいる!

日本では絶対見たことがありません。韓国の電車には物を売ってる方がいます。

新幹線でコーヒー売ってるお姉さんじゃありませんよー

普通にオバチャンやオジチャンがガムとか、飴とか、何かよく分からない物を一人一人に声をかけて売ろうとしてるんです。

一番すごかったのが満員電車だったのに売ろうとしてる事も!(すごい根性)

そんな時は慌てず目を見ない。無視する!に限ります。

海外では色んなもの見ちゃいますね~!慌てず慌てず。

日傘問題!

真夏、異常な暑さでは日傘って必須じゃないですか?

私は日傘なしで夏は過ごせません。

ただ、韓国に行くと日傘をしてる人は殆ど見かけないのです~

あ!日傘をさしてる!て思った時にはオバサンか日本人。

どうやら日傘文化は日本特有のものらしい・・・・

てな訳で、日傘をさすと韓国の人から邪魔かもって思われてはいけない!という日本人ならではの遠慮的な心理が動き私は韓国ではよほどの事がない限り日傘は使いません。

なので日焼け止めクリームはベタベタ塗りまくります!もしくは帽子持参。

日傘問題は私の中では結構深刻です。(笑)

一応頭の中に入れておいてくださいね。

スポンサーリンク

韓国旅行で気を付けたい!まとめ

いかがでしたでしょうか?

今はもう韓国旅行されてる方もとっても増えていて今更~って思う事も多々あるとは思いますが、改めて見ても絶対注意したい事。どんどん出てきちゃうんですよね!

他にも細かい事を言えばキリがないのですが最低限これだけは気にしていよう!程度に頭の中に入れて韓国旅行を楽しんでください。

最近韓国旅行がご無沙汰になってますので、この記事を書き上げて改めてまた行きたくなりました。

注意点もあるんですが、その注意する点を上回るほど私には楽しい国なんです。

あと、海外旅行に行く際にはやはりWifiは必須ですね!ギリギリになると慌ててしまうので、前もって予約しておくといいですよ~。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする